PR

家庭菜園におすすめ!【レイズドベット】メリット・デメリットも解説

プランター菜園
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

自宅で家庭菜園をしていると、ただ雑然と並べただけのプランターにモヤモヤすることありませんか?

うちの庭の場合、オシャレなアプローチも広々とした芝生の庭もありません。

駐車場と砂利の空きスペースです。

駐車場は良いのです…地方住みには車は必要不可欠なアイテムなので…。

ですが、砂利の空きスペースは…もう私には溜息の元。

”プランター菜園”と言っても、ただ雑然と隣家の壁際にプランターを並べるだけ

オシャレでオリジナリティー溢れるお庭づくり…憧れますよね。

そんな時に知った園芸アイテム【レイズドベット】!!

今回は私の頭を悩ませる素人では手の施しようが無かった庭を、劇的に変えてくれたレイズドベットについてお伝えしたいと思います。

あすきー

パートで働きながら娘を一人育てる茨城在住の兼業主婦。
茨城の魅力と子供と楽しめるスポットをお届けします♪

あすきーをフォローする

レイズドベットとは?

そもそも「レイズドベットとは何ぞや?」という方もいらっしゃると思います。

レイズドベットは通常、地面の上に設置された浅いプランターボックスや園芸ベッドのことを指します。

地面の上に設置するだけなので、整地もされず車などで踏み固められ、人力ではどうにも掘り起こすことができないような土地でだって使えちゃうのが嬉しいポイントです。

資材は一般的には木材、コンクリート、プラスチックなどが使用されます。

レイズドベットは、園芸愛好家やプロのガーデナーにとって非常に人気です。

レイズドベットのメリット

レイズドベットには、畑などの地植え栽培やプランターでのプランター栽培にはないメリットがあります。

今回はそれら8つをご紹介します。

排水性と通気性に優れている

まずは排水性と通気性です。

レイズドベッドは通常、よく排水されるように設計されております。

それにより、土壌中の水分を気にすることなく、根腐れなどの問題を軽減できます。

またそれと同時に、通気性も優れていることから植物の根が酸素をより効果的に摂取することができるのです。

土壌管理がしやすい

レイズドベッドの土壌管理は、畑などの地植えよりも比較的簡単にできます。

新しい土壌を追加することや、土壌の質を改善することが容易で、肥沃な土壌を作りやすいです。

土壌が良ければ作物も良く育つ為、収穫量も向上するので良いこと尽くめです。

温度管理がしやすい

レイズドベッドは地上に位置する為、畑などの地植えよりも早く温まり、春の早い段階から作物を植えることができます。

また、冷地域では地植えとなる地下の土壌より効果的に保温することも可能です。

雑草対策がしやすい

レイズドベッドは周囲の地面よりも高いところにある為、雑草の侵入を防ぎやすく、管理が容易です。

同じく地上に設置するタイプのプランターの場合、標準サイズのプランターだと夏場は雑草の伸びる速度が速い為、プランターの淵を越えるところまで育ちます。

それにより雑草の種が零れ落ち、プランター内の土壌が雑草まみれになることもしばしば。

その点、レイズドベットは物を選べばプランターよりも背の高い作りとなる為、雑草が育ちすぎるといった心配もありません。

作業負担の軽減

レイズドベッドは一般的に腰の高さがある為、庭仕事や作業がしやすく、しゃがむ体勢でも苦ではありません。

特に高齢者や私のように病弱で体力に制限のある人にとっては、とても快適な環境でしょう。

景観を管理しやすい

レイズドベッドはお庭を美しい状態に保ち続けるのに最適です。

お庭のアクセントとして設置することで、レイズドベットを中心に庭具や植物などの配置を行うことができます。

また、異なる高さや形状のレイズドベッドを組み合わせることで、オリジナリティーのある自分だけのお庭を作り出すことも可能です。

害虫と病害の管理がしやすい

畑などの地植えと異なり、レイズドベットは地上にある為、害虫や病害になりにくいです。

特に市民農園や借り農園の場合、隣近所の畑から害虫や病害を貰うことも少なくありません。

その点、プランター菜園やレイズドベットは独立している為、そう言った被害を防ぐことができます。

また、被害が発生した場合でも、特定のレイズドベッドを隔離しやすい場合もあります。

多様な植物育成

異なるレイズドベッドで異なる種類の植物を育てることができ、土壌条件を適切に調整することで、様々な植物に適した環境を提供できます。

野菜、花、ハーブ、果物などのさまざまな植物の栽培に使用でき、お庭の美化と収穫量の向上に貢献できることでしょう。

画像の商品は【特大ファブリックレイズドベッド

レイズドベットのデメリット

良いこと尽くめかと言えばそうでもない、何事にも良いこともあれば悪いこともあります。

畑などの地植え栽培やプランターでのプランター栽培にはないレイズドベットのデメリットを8つご紹介します。

コストが掛かる

レイズドベッドを建設する為に必要な材料や資源のコストが掛かります。

木材、土壌、その他の必要な資材を購入することが必要。

通常の庭園と比べて初期費用が高いのが難点です。

時間と労力

レイズドベッドの設置や建設には時間と労力が掛かります。

木材のカット、組み立て、土壌の充填、そして必要なメンテナンスなど手間が掛かる作業が必要です。

土壌の管理

レイズドベットは地上の位置にある為、土壌が通常よりも早く乾燥しやすくなります。

通気性と排水性には優れている反面、乾燥には気を遣わなくてはなりません。

土壌の温度

レイズドベットは地上の位置にある為、地植えなどの地下土壌よりも早く温まります。

これは早春に植物を育てるのには有利ですが、夏になると土壌の過熱が植物にとって影響を与える可能性があります。

夏場の土壌過熱の対策が必要です。

材料の劣化

使用される材料によっては、レイズドベッドの耐久性が問題になることがあります。

特に木材を使用する場合、腐食や劣化が問題になる可能性がありますので注意が必要です。

サイズと形状の制限

レイズドベッドは固定される為、サイズや形状に制限があります。

庭園のデザインに合わせて自由に配置することが難しい場合がございます。

適切なメンテナンスが必要

レイズドベッドを適切に管理しないとメリットで上げられたことが全て無駄となってしまいます。

不適切な水やり方法はメリットである排水性と通気性を阻害し、土壌管理を怠ることにより劣化や病害虫の問題が発生するリスクが高まります。

また、レイズドベットの資材によってはより劣化に気を配らなければなりません。

撤去が困難

レイズドベットは直接地上に設置する園芸アイテムです。

その為、撤去するにはレイズドベット内の作物や土を取り除き、資材を解体しなくてはなりません。

サイズによっては一人で行うことも困難な可能性があります。

設置の際は、よく設置場所を検討してから年単位で移動しないことを計画してから実施してください。

レイズドベット設置の手順と注意点

レイズドベットを設置する上で、幾つか注意すべき点があります。

手順に沿って注意すべき点をまとめました。

(1)場所の選定:日当たりの良い場所を選び、レイズドベットのサイズと形状を決める。

(2)構築:木材、コンクリートブロック、プラスチックボードなどを用いて、レイズドベットを作る。目安として一般的な大きさは【12インチから24インチ】が適していると言われている。

(3)排水対策:レイズドベットの底に防水シートを敷いて水の漏れを防ぐ。

(4)土壌の追加:適切な園芸用土壌を追加し、平らにならし、希望の形状に整える。

(5)植物の植え付け:植物を選んでベッドに植え、必要に応じて水や肥料を与える。

(6)メンテナンス:水や肥料の管理、害虫や病気の監視、収穫のタイミングなどに注意を払う。土壌が劣化した場合、定期的に新しい土壌を追加すること。

いかがですか?

今回、レイズドベットを置くに辺り、庭の大改修も行いました。

出来上がりとして、プランターが並ぶだけだったであろう庭にレイズドベットが置かれたことで、アクセントとしてシンプルながらもメリハリのある庭に生まれ変わったように思えます。

今回のレイズドベットはDiyにて自作したものになります。

レイズドベットのDIYが気になる方はコチラの記事をどうぞ☆彡

「自作なんて無理ー!」という方は、以下におすすめの商品を貼らせて頂きます。

ご検討くださいませ♪

それでは今回は此処まで!

また次回お会いしましょう(*´ω`)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました