PR

象印【ステンレスキャリータンブラーSX-JA40】3年使っても持ち運びしやすく水漏れなし!

お役立ち
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

昨今のエコブームも合わさり人気が出ている水筒。

その中でも保冷機能があるタイプが特に人気を集めています。

今回はその中でもロングセラー商品である【象印 ステンレスキャリータンブラーSX-JA30・SX-JA40】を紹介。

私は、SX-JA40を3年間使い続けているヘビーユーザーです。

そんな私の率直な意見をお伝えしたく思います。

あすきー

パートで働きながら娘を一人育てる茨城在住の兼業主婦。
茨城の魅力と子供と楽しめるスポットをお届けします♪

あすきーをフォローする

タイプは2種類

象印のステンレスキャリータンブラーは、300㎖と400㎖の2種類から選ぶことができます。

SX-JA30⇒300㎖

SX-JA40⇒400㎖

カラーリングは4種類

amazonより参照

カラーリングは4種類から選ぶことができます。

ヴィンテージローズ

フォレストグレー

フォグブルー

ウォータリーグリーン

あすきー
あすきー

我が家ではヴィンテージローズフォグブルーを購入しています。

持ち運びしやすい

Amazonより参照

象印で発売されているステンレス製のタンブラーは、持ち運びがしやすいように蓋の部分が取っ手になっているのが特徴です。

あすきー
あすきー

子供の手でも簡単に持ち運びができるため、安心です♪

シームレスせんが優秀

Amazonより参照

タンブラーの蓋部分は、シームレスせんという構造になっています。

こちらは従来の水筒のようなパッキンがありません

洗いやすい

Amazonより参照

タンブラーを洗う際もパッキンなどを外した洗浄は不要です。

蓋を外してササっとお皿を洗うようにスポンジで洗うだけ、とってもラクチンです♪

水漏れなし

シームレスせんがパッキンの役割も兼ねているため、蓋をしっかり閉めるだけで水漏れもしません。

長年使っていますが、劣化もなく使用できています。

使用の際は、既定の水位以下で収めるのがポイント

入れすぎると、蓋を閉めた際に溢れて零れます。

飲み口が広いので便利

タンブラーの幅が広くできているのがとても便利です。

氷を入れても「飲み口に氷がつかえる」などのトラブルも起こりません。

コップに氷を入れるように、スムーズに煩わしさを感じることなく入れることができます。

◆子供でも飲みやすい◆

我が子談ですが、飲み口が広いことで、子供が飲む際も中身が見えるため飲みやすいそうです。

せん部分が口に触れるという意見も…

飲み口の部分は、シームレスせんと合わさるため、らせん状になっています。

飲む際に、その部分が触れて飲みづらいという口コミがありました。

正直、私はまったく違和感がありませんでした。

むしろ、恐らく触れていないと思います。

ですが、人によっては触れるのかもしれません。

口当たりが良いのはTUFF ステンレスマグ SM-GA60・72

実際、同じ象印から発売されているTUFF ステンレスマグ SM-GA60・72の方が口当たりとしては良いと思います。

同じ浄水器から入れた水であっても、不思議と美味しく思えるのがTUFF ステンレスマグ SM-GA60・72です。

それはやはり、唇が飲み口に触れる際のちょっとした感触からくるものなのかもしれません

ですが、飲み口の広さや取っ手がなく持ち運びしずらい点などを考えると、同じシームレスせん対応という点で言えばステンレスキャリータンブラーSX-JA30・SX-JA40の方が万能だと思います。

長時間温度をキープできる

保温時間に定評のある象印なので、使用感はまったく問題ありません。

私は普段から常時愛用しているのですが、寝る前に氷を入れておいて、昼過ぎの仕事中に飲むということもザラにあります。

勿論、氷は解けてしまっていますが、しっかりと冷たい水を飲むことができます。

まとめ

象印のステンレスキャリータンブラーSX-JA30・SX-JA40のポイントは以下となります。

・サイズは300㎖と400㎖の2種類から選ぶことができる。

・カラーリングは全部で4種類

メリット

・シームレスせんのため、洗う際の手間もなく水漏れもしません

飲み口が広いので氷などもスムーズに入れることができ、子供も飲みやすい

・シームレスせんの部分に取っ手がついているので、持ち運びが便利

長時間温度をキープできる流石の象印製。

デメリット

・人によってはシームレスせんと合わさるらせん状部が、飲む際に口に当たるという意見も…。

・口当たりの面ではTUFF ステンレスマグ SM-GA60・72の方が美味しく飲むことができた印象。

それでは今回は此処まで!

また次回お会いしましょう(*´ω`)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました